読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

初めての手巻きタバコ(ゴールデンバージニア)

煙草

きのうに引き続き夜の喫煙タイム。

今吸っているゴールデンバージニアは、初めて買ったシャグ。25グラムパウチとはいえ、煙草自体大した量を吸わず、物珍しさでいくつか買ったシャグを気分によって消費しているおかげで、ひと月かけてようやく底が見えてきた。

 

ひと月前、手巻きを始めたきっかけは、市販の紙巻とは巻紙が違って、燃焼材のない薄紙のおかげでタバコ本来の味がわかるという話を聞いたこと。

ネットで下調べをしてから、定番のひとつらしいこのゴールデンバージニアのパウチとRAWの巻紙を購入。初めての手巻きはローラーを使わず本当の手巻き。それほど手先が器用というわけでもないのにいきなり薄い巻紙でうまく巻けるはずもなく、シャグを詰める量もわからないから、最初の手巻き煙草は極細でヘロヘロの小枝の切れ端のようなものになってしまった。

それでも、何本か巻くうちに少しは煙草らしい形のものが出来、そこで初めて手巻き煙草に感動した。なるほど、これがタバコの味か。バージニア葉の酸っぱさと甘さで口の中が満たされる。市販品のような煙の雑味やザラザラとした口内に残る違和感はない。ただ純粋に、タバコ葉を吸っていることを感じた。

 

自分のハンドロールに限界を感じたので、翌日いそいそとローラーを買いに走る。

ローラーで巻いた煙草は下手くそなハンドロールとは違ってちゃんと煙草らしい形になり、不恰好な形を気にせず集中して喫煙できる。前日よりもしっかりと煙草を味わえて再度感動した。

 

いくつかのシャグを試してはいるけれど、ゴールデンバージニアの酸っぱさのある瑞々しさは、最初に覚えたタバコの味であるせいもあって安心感のある味わい。ほかのシャグをしばらく吸っていると、ふとここに戻ってきたくなる。

このパウチがなくなったらとりあえず手元のシャグを消費していこうと思うけど、どうせ少ししたらまたゴールデンバージニアを買っている気がする。

今度は50グラムのパウチを買うだろうな。

喫煙の片手間で

煙草

ある種の勢いでブログ始めたはいいが、なかなか記事を書けない。

というのも、今までの生活スタイルの中に「ブログを書く時間」という時間がなかったので、書きたいことを思いついてもそれを文章化する時間をとれないんですよね。

これはもちろん毎日が忙しすぎてブログなぞに割く時間がないというわけではないのです。既に2カ月の春休みに入っている大学生である自分には十分な時間はあって、実際のところここ2週間ほどかなり贅沢な時間の使い方をして過ごしているからです。しかし、今までの習慣としてまとまった時間をとって文章を書くということがなかったのでなかなかブログを書いてみようという気にならないのです。

 

そんなわけで、どうすればブログを書く時間を作れるものかとベランダで煙草を吸いつつ考えていたところで気付きました。

ここじゃん。ブログ書くのにちょうどいい場所。煙草吸ってて手持ち無沙汰な時間、まさに最適。

 

少し前からベランダに安物の折りたたみ椅子を置いて、そこで煙草を吸いながら読書するようになったんだけど、昼間はともかく夜になると寒いし暗いしであまり長居に向いてないわけです。したがって集中して読書するのは難しい。

だから今こうして煙草を片手にこの文章を書いているように、煙草1本吸う片手間で書きたいことを文章化していくのがいいのかもしれません。

 

レギュラーサイズの手巻き煙草を1本吸い切るのにかかる時間はだいたい20分ちょっと。今左手にある煙草はほとんど根元まで火種がきているので、これくらいの長さの文章を1単位とするのがいいのかな。

まあいつまでどのくらいの頻度で書くかはわからないけど、気の向くままにやっていきます。

忙しいときにしたいと思っていたことが忙しくなくなるとやる気なくなるやつ

タイトルのそれです。

書きたいことがあって書くこともあるのに書く元気がないんだよなあ。

 

大学終わって春休みに入ったので、バイトしながらアニメ見たり本読んだりゲームしたりしてるんだけどバイトがつらい。

連勤がヤバイとか労働時間がヤバイというわけではないんだけど、精神的な疲労がきてる。

 

とりあえず、大学生のバイトとして、教育系掛け持ちはこの時期きついよってことですね。

これはマジ。

はてなを

始めたかったので。

 

ブログ書くのは数年ぶりです。

現在テスト期間真っ最中の大学生やってます。

レポートも勉強もヤバイです。ヤバイのではてな始めたくなりました。

まあ何か適当に書いていくと思います。